スポーツマウスガードについて

マウスガードとは

スポーツのプレー中、プレイヤーの“口の中と脳”は常に危険にさらされています。練習や試合中に歯が折れる・抜け落ちる、舌・唇・頬の粘膜の外傷、そして顎の骨折や脳震とう…。これらの防止や軽減に役立ち、さらにご自身のパワーアップにつながるスポーツアイテム…
「歯」は、その種類によって「歯根」と呼ばれる根の本数が異なります(下記写真参照)。そしてスポーツによって衝撃を受けやすい前歯にはたった1本しか根がありません。この弱点を克服するため、マウスガードは歯の部分だけでなく歯茎の上のほうまで覆う構造になっています。これにより歯茎の奥に埋まる歯根を守ることが可能になったのです。

image025

前歯の模型。前歯には歯根が1本しかなく、衝撃に対する耐性はあまりありません。

image026

小臼歯の模型。小臼歯は歯根が2本あります。

image027

大臼歯の模型。大臼歯になると歯根が3本になります。

スポーツマウスガードの有効性について

スポーツ用マウスガードの主な有効性は、歯や顎の外傷予防・脳震とうの防止・軽減ですが、他にも様々な特徴があります。

口腔内の外傷を予防
歯が折れる、抜ける、ぐらつく、唇・舌・粘膜の裂傷(自分の歯で唇を切る、ひどい時は唇から歯が飛び出す)、顎の骨にヒビが入る、顎の骨が折れる…などの予防をします。
脳震とうの予防・軽減
脳への衝撃を緩和します。
筋力・運動能力がアップ
マウスガードの装着により歯の接触面積が広がり、脳から筋力アップの指令が出ます。その結果、パンチ力アップや、打球の飛距離アップが望めます。
歯の磨り減りを防止
スポーツ選手は、インパクトの瞬間・体の接触・緊張などで普通の人と比べて何倍も歯を強く咬みしめ過ぎているため、自分の咬む力で歯を折ったり、普通の人より歯の磨耗が早く進んでいきます。マウスガードは歯の磨耗を防止します。
顎の関節を保護
顎関節への衝撃を緩和し、顎関節症の予防、軽減をします。
バランス感覚をアップ
頭・首・背骨・腰の位置が正常になり、フォームなどが安定します。
マウスガードの装着による心理的効果
安心してプレーに専念できるため、積極性が増し、スポーツパフォーマンスが向上します。集中力アップ、リラックス効果(ガムをかむことに似る)もあります。
相手選手を傷つけるのを防止
接触プレーの際、自分の歯で相手選手の顔面などを傷つけるのを防止します。

これらの有効性も、一人一人上下の歯型を採って、それぞれの口にあったマウスガードではじめて効果を発揮します。市販品と違い、充分に咬みあわせを考慮されています。その上、厚さや外形線の調節が出来るので装着感が良く、はずれない・話せる・苦しくない、というお客様のニーズに合ったマウスガードをご提供しています!

上下の歯型を採る重要性について

全て上下の歯型を採って、下の歯の咬む痕(圧痕)をマウスガードに付けて、咬み合わせを充分に考慮して作られております。その重要性とは、下記のとおりです。

  1. 下の歯全てが均等にマウスガードに接触するため衝撃が分散する。
  2. 同様に、接触する最大面積が大きくなるのでパワーアップにつながる。
  3. 同様に、下の顎が安定するので運動能力が向上する。
  4. 上下の咬み合わせがしっかりしているので口の開閉が容易にできる。
image028

左)下の歯の圧痕 右)上の歯の圧痕

一見きれいな歯並びに見えても下の歯全てが均等に上の歯に接触しているとは限りません。上の歯型だけを採って作られた圧痕のないマウスガードですと、一部の歯だけが他の歯より先にマウスガードに接触し、その歯に集中して衝撃が加わります。その結果、顎への歯のめり込みや、その歯をテコの支点として顎が骨折するなどの重大な危険性が予想されます。

メッセージ

保護者の皆様へ

二度と生えないお子様の大切な歯を守って下さい。歯が折れることは、激痛だけでなく容貌への苦痛もあり、さらに治療の痛みも加わります。また、脳震とうは一度起こすと繰り返しやすくなります。マウスガードは脳震とうを緩和します。

指導者および教育関係の皆様へ

スポーツにおいて安全対策は何よりも大切です。
特に成長期の子供達の少年スポーツ団体や学校体育では、指導者や先生方のマウスガードのご理解がとても重要です。マウスガードが歯と脳を守る大切な防具だということを、ぜひ子供達に教えてあげてください。
マウスガードで、選手とご自身も守りましょう。

選手の皆様へ

マウスガードの装着は怪我防止だけでなく、打球の飛距離が伸びるなどの筋力アップ効果あります。そしてバランス感覚アップなどのスポーツパフォーマンス向上効果もあります。
また、競技生活においては、自分の咬み締める力で歯を折ったり、普通の人より数段早く歯の磨耗が進んでいきます。さらに舌や口の粘膜を噛んで傷つけることもあります。
マウスガードはコンタクトスポーツでの受傷防止だけでなく、このような自傷によるスポーツ障害も防止します。
そして競技人生の期間より、人生の長さは遥かに長いものです。現役中の、歯や脳や顎へのダメージを極力少なくし引退後も健康な人生を送りましょう。