マタニティ歯科

マタニティ歯科

ご妊娠された方自身も女性特有の体の変化について歯科医師に相談しづらい場合もあり気持ちや体調の変化から歯科治療を受けたくても受けられなくなってしまうことも少なくありません。
そこで妊娠中の女性に積極的に歯科を受診していただけるようマタニティ歯科があります。
当歯科では、女性特有のお体の変化などについてもお気軽にご相談していただけるよう主に女性歯科医師が担当させていただいております。

女性は妊娠することによりさまざまな面でそれまでとは違う環境におかれます。
妊婦の特徴的な口腔症状のひとつに妊娠性歯肉炎がありそれが重症化し重度歯周炎に罹患すると早産や低体重児出産のリスクが高まることが報告されています。
一方、妊婦の口腔管理を行うことで生まれたお子さんの口腔環境をも整えることが出来るとの報告もあり妊婦の方の口腔管理や歯科治療の重要性がうたわれています。
妊婦の方の歯科治療に伴う不安なことなどがありましたら産婦人科医師とも連携しておりますのでお気軽に担当歯科医師までご相談ください。

fumira_mamakids1_soft

担当歯科医師 河原 麻美

1.マイナス1歳から始まるむし歯予防

お子さんのむし歯予防はお母さんのお腹の中にいるときから始まっております。
お母さんのお口の中の状態や栄養状態がすでに将来のお子さんのむし歯リスクと関係しているといわれております。
あかちゃんがお腹の中にいるとき、妊婦さんのお口の中ではいろいろな変化が起こっています。
妊娠されるとホルモンバランスの変化や食生活のパターンなど様々な変化がおこります。そのような身体や生活の変化が妊婦の方のお口の環境にも影響を与えます。

2.妊婦の方のお口のなかの歯周病菌やむし歯菌の増加について

matanity2_soft
変化1…
唾液量の減少
唾液量が減り、お口のなかが乾きやすくなります。
変化2…
お口の中の歯周病菌やむし歯菌の増加
女性ホルモンは歯周病原因菌の大好物のため、お口のなかの女性ホルモンが増えれば歯周病原因菌もどんどん増えてしまいます
変化3…
免疫力が低下する。
妊娠されると体内の免疫力が低下します。そのためむし歯菌や歯周病菌などに攻撃されやすくなりむし歯や歯周病が進みやすくなります。
変化4…
だ液の酸を中和する力が落ちる
妊娠されるとだ液の量が減るだけでなく酸を中和するだ液の力も低下してしまいます。そのためお口の中が酸性のままの状態になりやすいため、むし歯のリスクが高まります。

3.妊婦さんのお口のケアがお子さんをむし歯から守れます。

お母さんのお口の中は、妊娠・出産の時期にむし歯菌や歯周病菌が増えやすい状態にあります。お母さんのお口の中がそのような菌でいっぱいだと、それは生まれてきた赤ちゃんのお口の中へと移ってしまう可能性が高くなってしまいます。

女性ホルモン

Q.妊娠中に歯肉から出血するのは、仕方がないと言われました。我慢するしかないですか?歯石だけでも取りに行ったほうがよいですか?何度も歯科健診を受けたほうがよいですか?
A.妊娠中は、女性ホルモンの影響を受けたり、つわりでブラッシングが不十分になったりするために、歯肉の炎症を引き起こしやすい環境になります。基本的には、口腔清掃と歯石除去により改善されますので受診してください。
また妊娠中の歯科健診については、一度は受けるようにしてください。
Q.妊娠中に親知らずは抜いておくほうがよいですか?
A.生えている位置、向き、咬み合わせなどの状態により、抜歯が必要かどうか判断します。
歯髄炎になりそうなう蝕に罹患していたり、智歯周囲炎の既往があったりする場合は妊娠期に痛みが出る可能性があるので、歯を抜いておく方が望ましいでしょう。
Q.歯周病になると早産になりやすいのですか?低体重の子どもが生まれやすいのですか?
A.妊娠中の女性のうち、歯周病の人は、そうでない人に比べて低体重児を早産する確率が高くなるという報告があります。歯周病菌が子宮の収縮に間接的に働きかけ、その結果として子宮頚部が拡張し早産となると考えられます。
Q.妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?どうしたらよいですか?
A.妊娠したからといって、歯が弱くなることはありません。ただし、妊娠による唾液性状やホルモンバランスの変化、つわりや不規則な食事により、むし歯になりやすく、歯肉の炎症を引き起こしやすくなります。ていねいに口腔清掃をする、甘いものを控える、摂食回数を減らすなどして、できるかぎり口腔内を清潔に保つことが重要です。
Q.つわりがひどく歯ブラシを口にすることができません。なにかよい方法はありませんか?
A.小さめの歯ブラシに替える、また歯磨剤の種類を変えるなどしてみてください。それでも無理ならこまめにうがいをするようにしてください。つわりは2、3か月で終わりますので、その期間はあまり神経質にならず、調子の良いときに磨く程度でよいと思います。