当院におけるお子さんの歯並びに対する治療ケース

早期治療にて可能なケース

Aさん

治療前

治療後

機能的咬合誘導装置装着後、乳歯列の反対が改善されました。

お子さんにうまく装置が適応されるとこの様な効果も期待できます。

この装着期間の頑張りは明らかに将来この子にとってプラスになると当歯科では考えております。

Bさん

治療前

途中経過

機能的咬合誘導装置装着後、前歯の反対が改善されました。

装置がお子さんにうまく適応されるとこのような効果が期待できます。

Cさん

治療前

途中経過

機能的咬合誘導装置装着後、真ん中の前歯の反対が改善されました。

お子さんにうまく装置が適応されるとこの様な効果も期待できます。

Dさん

治療前

治療途中

床装置を下のみに一つ夜間装着後の口腔内となります。(使用装置数1装置)下の前歯で上の歯肉を噛んでしまうほどでした。

なんとかがんばって使用していただき、奥歯の高さも確保され過蓋咬合も改善されてきました。拡げる機能もあるため下の歯の入り組みも改善されてきました。

Eさん

治療前

治療途中

上と下にそれぞれ、家にいる時と夜間のみ床装置を1つずついれていただいた後の口腔内写真となります。(使用装置数2装置)

今後も経過を診ていく必要はありますが、なんとか成長ラインにのせることができました。

Fさん

治療前

治療途中

上と下に家にいる時と夜間のみ床装置をそれぞれ1つずつ使用していただいたのち、取り外せる弾線装置を1つ入れさせていただいた後の口腔内写真となります。

前歯2本の反対の噛み合わせが改善されました。

もしこのまま中学生、高校生になられてからの歯のならびの処置をご希望された場合、本格矯正となる可能性はかなり高くなると考えます。

逆にお子さん親御さんにとってこの時期の装置の使用は歯のならびに関していえば、許容範囲内になる(本格矯正をご選択されなくてもすむ)可能性をかなり高くすることができたと当歯科では考えております。

ステージ1小児矯正治療のケース

Aさん

治療前

途中経過

表からは見えない固定式装置を下の歯にいれ、夜間のみがんばって装置をいれました。親御さんがご心配されていた出っ歯観を改善することができました。これ以上の処置をすすめるかどうかはご希望があればとういうこととなります。顎の成長を利用できる時期にこのお子さんががんばった装置の使用は本格矯正をご希望された場合においても明らかにお子さんの負担をも軽減させることができると当歯科では考えております。

Bさん

治療前

治療後

表からは見えない固定装置を上と下にいれ、夜間のみ装置をがんばって使用していただき親御さんもお子さんにとっても、審美的許容範囲内になったためステージⅠ小児矯正治療にて処置が終了し保定装置が入りました。

今後、成長過程において大学生や社会人になられてからステージⅡ本格矯正(ブラケット矯正)をご希望された場合においても引き続き、当歯科においてステージⅡ矯正治療を行うことが可能となります。

Cさん

治療前

治療途中

早期治療にてどうしてもプリフォームの上下一体型の装置がお子さんに適応させることができないこともあります。

その後、時期を見て床装置と前からは見えない固定装置を入れ、夜間のみがんばってステージ1小児矯正治療用の装置をいれていただいたことにより、今後経過を診させていただく必要はありますが、前歯に関しては改善させることができました。

ステージ2矯正治療のケース

Aさん

治療前

治療後

ステージ1矯正治療より開始させていただき、永久歯を抜歯することなくステージ2矯正治療を終了することができました。

*歯のならびやかみ合わせをよくさせることにより、ブラッシング効果を高めることができ、虫歯に対する予防効果を高め、また、将来歯周病になってしまうリスクを下げることができると当歯科では考えております。