早期治療<床装置や機能的咬合誘導装置などを使用した小児咬合誘導治療>

早期治療の目的

床矯正写真

早期治療開始の目的は第一に永久歯を抜歯せずに歯を機能的にならべる事を目的としています。どうしても将来、歯のならびのために永久歯を抜歯してスペースを確保する必要がでてきた場合でも、その本数を最小限にとどめる事ができるようにする事にあります。
お子さんの口腔内は乳歯列期~混合歯列期~永久歯列期と著しく変化します。
特に、6歳臼歯(最初の大臼歯)が生える頃から完全に永久歯に生え変わるまでの間は乳歯と永久歯が混在し、むし歯になりやすくかみ合わせの成長にも影響する大事な時期となります。

床矯正イラスト

**咬合誘導とは歯ならびやかみ合わせが正しく育つよう管理する治療のことです。
不正な歯ならびやかみ合わせを治す場合は小児矯正治療が必要となります。

咬合誘導で行う主な治療

1.むし歯予防各種保険取扱い

乳歯はこれから生えてくる永久歯の足掛かりとなるため、早期に喪失してしまうと生えてくる永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。
そのため、フッ素塗布など定期的な口腔管理が大切となります。

2.永久歯の誘導管理

永久歯が正しい位置に生えてくるように乳歯の段階からコントロールします。
乳歯を早期に喪失してしまった場合、周囲の歯が空いたスペースに傾き生えてくる永久歯を阻害してしまうことがあります。
このような場合に保隙装置などを使用し永久歯が生えてくるためのスペースを確保する治療を行っていきます。

*保隙装置の一部に関しては保険適応の装置もあります。
詳しくは、担当歯科医師までお気軽にご相談ください。

3.悪習癖の改善

1231001001

歯ならびやかみ合わせを不正にしてしまう悪習癖は多々あります。
次のような悪習癖が及ぼす問題点などをご説明させていただき、改善に向けサポートを行っていきます。

吸指癖
指しゃぶり
咬唇癖
唇を咬んでしまう
咬爪癖
爪を噛むこと
頬杖
などが主にあります。

機能的咬合誘導装置

マルチファミリー(筋機能咬合誘導装置) 

マルチファミリー

口腔内筋肉に働きかけ舌や唇・歯ならびなどの成長をサポートします。
2011年の秋、日本においても発売された装置となります。
欧米では以前より使用されており、統計的データや医学的有効性も実証されております。
マルチファミリーは口腔内の筋肉の緊張を緩和させ、歯列を適切に調整・安定させていく事を目的とした装置となります。

使用時間

主にご自宅で活動中の2時間程、および就寝中に使用します。
少しずつ歯に優しい力がかかり咬合誘導を行っていきます。
同時にお口のまわりの筋機能もトレーニングできるため舌や口唇を正しい位置へ誘導させ口呼吸癖などを改善方向へ向かわさせる効果も期待できる装置となっています。
当歯科クリニックでは、Multi-S、Multi-T、Multi-P、Multi-TBなどを使い分けております。

*当歯科クリニックでは2011年度よりマルチファミリーを導入させていただいております。

*詳しくはお子さんの口腔内診査の後、担当歯科医師よりご説明させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

マルチファミリーの特長

口腔前庭フィールド
リップバンバー効果で口唇圧を軽減し、口腔周囲筋を活性化させます。
舌位教育用の斜面
舌を正しい位置に導きます。
モノブロック(一体形成)
上下顎の歯列に同時に作用します。
挙上された咬合平面
筋機能のアンロック(開放)とそれにともなうTMJの機能的アンロッキングを促進します。

*その他、以前よりご使用させていただいているNEW-T4A・T4K・K1・K2などの機能的矯正装置もお取扱いさせていただいておりますので、転移などにより、他の装置などをご使用されている方もお気軽にご相談ください。

*ムーシールドやマルチファミリーも含めプリフォームタイプの装置に関しては、1個目の装置は税抜き20,000円とさせていただいております。2個目以降の装置は税抜き13,000円とさせていただいております。
ただし、ムーシールドのみ2個目以降の装置は税抜き20,000円とさせていただいております。

**早期にこのような装置を使用開始された場合でも、個々のお子さんの使用状況や遺伝的要因などによる様々な要因により、ステージⅠやステージⅡの治療が必要になる場合もあります。

**お子さんのお口の中の状況などによりご提供できない場合もありますので担当歯科医師までご相談ください。

069

床タイプの小児咬合誘導装置

071

この装置は歯列を拡大させることで歯がならぶためのスペースを確保し、歯の大きさに対し歯列を成長ラインにのせさせることで永久歯が大きく入り組んでしまう事を防ぐ目的があります。

治療開始のタイミング

PH086_007

お子さんの成長段階にもよりますが、7歳前後で永久歯に歯並びの不正が認められた時期が治療開始のタイミングとなります。
犬歯が生えそろう10歳ごろまでに、この治療を終了させることが理想となります。
また、お母さんが「この子の歯ならびはおかしい」と思ったときが治療スタートのタイミングとなることが多いです。

6~9歳より始めたお子さん
10歳までに治療を終えているのが目標となります。
この時期までに改善されるとお子さんの負担も少なく、固定式装置を使用しないでもすむ可能性が高くなります。
10~12歳から始めたお子さん
成長の期間が減っていきますので、出来るだけ早く治すことが目標となります。
この時期に始められた場合、床装置に加え固定装置を使うケースが多くなってきます。

床装置のメリット 

  1. 歯を抜かずにスペースを作ることが可能となります。
  2. 取り外しが可能なため、食事や歯磨きもしくは痛みがあったり病気をされた場合などには外すことが可能です。
  3. 歯磨きの時、取り外せるので掃除がしやすいです。
  4. 拡げたとき、多少圧迫感がありますが痛みなどに対して拡げるスペースを調整することで対応可能となります。

床装置のデメリット

  1. 最初は違和感がありますので、慣れる必要があります。(嘔吐反射の強いお子さんの場合でも1週間ほどにて慣れる場合が多いです)
  2. きちんとつけていなかったり、装着時間や拡大のペースを守らないと効果が期待出来なくなります。
  3. 床装置によりある程度は歯の向きや位置を揃えることは可能となりますが、上下の3次元的な動きには不向きなため、拡大後にプリフォームタイプの装置などを使用していただく必要があります。

*床装置後にプリフォームタイプの装置を使用する場合のご料金は機能的咬合誘導装置2個目以降の費用となります。 

早期治療のご料金の目安(税抜)
基本的には 床装置の1個目の装置は 32,000円~40,000円
2個目以降の装置は 25,000円

とさせていただいております。

**装置の設計などによりご料金は異なりますのでご了承ください。
口腔内診査の後、担当歯科医師より詳しくご説明させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。