早期治療<受け口の治療>

「反対咬合」と診断されたら!!

「反対咬合」とは「受け口」のことです。

当歯科クリニックでは「ムーシールド」を使用した早期治療をおすすめしております。
何らかの原因により不正咬合になってしまったお子さんが最小限の装置により改善もしくは何もしないでいるよりもひどくなってしまう事を少しでも抑えることができるのであれば、装置の使用は将来、お子さんの口腔管理のために、プラスになってくれると当歯科クリニックでは考えております。

065 0652

ムーシールド

ムーシールド

幼児期の反対咬合は自然治癒されることも少なくありませんが、2歳児での自然治癒の確立は50%、3歳児では6%になってしまうと報告されています。
そのため、お子さんの歯科的協力度にもよりますが、できるだけ早く装置をお口のなかにいれることができるようになる3~4歳より使用されることをおすすめしております。
反対咬合を放置しておくと下顎の過成長による顔貌への影響・食生活・発音への影響がでてしまう可能性が高まってしまうからです。

なぜ「受け口(反対咬合)」になるのか?

やはり遺伝的な要因の可能性が最も高くなりますが、その他に舌を含めてお口の周りの筋肉が正しく機能していないことも原因となります。
例えば、食べ物を飲み込むときの正しい舌の位置は、上顎を押さえつけるようにして上顎を圧迫させます。ところが舌が上顎につかず逆に下顎についていると、食べ物を飲み込むたびに下の前歯を舌で押してしまい上顎と下顎の成長の差より反対咬合になってしまうこともあります。機能的なことでいえば、慢性鼻炎などによる口呼吸もやはり同じような傾向がでてしまいやすくなってしまいます。
ムーシールドには舌を正しい位置へ誘導させる機能も備わっています。

マウスピース型の機能的矯正装置

マウスピース型の矯正装置

3-i3

ムーシールドは、マウスピース型の矯正装置です。
就寝中、口の中にくわえる様にして使用します。口の中に装着することにより、低い舌の位置を自動的に、上にあげる様に訓練します。上の前歯の裏に舌が当たるので、前歯を裏から押し出すことで咬み合わせを改善します。

また同時に、口廻りの筋機能のバランスも整えます。その結果、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑える様に働きます。

ムーシールドは、歯科医師の診査診断により処方され、受け口を治療するための医療器具です。

*当歯科クリニックでは遺伝的傾向の強いお子さんの場合においても、やはり受け口の傾向が強くでてきてしまうことを少しでも抑える事ができるのであれば早期より装着することをおすすめしております。

*定期的な口腔管理が必要となりますので、通院可能なお子さんのみにお渡しさせていただいております。

*修理や調整が必要な場合、別途費用がかかります。

**当歯科クリニックでは2006年よりムーシールドを導入させていただいております。
口腔内診査の後、詳しくご説明させていただいておりますので担当歯科医師までご相談ください。

*お子さんのご年齢や口腔内の状況などにより適するサイズをご説明させていただいております。

受け口(反対咬合)のよくあるご質問

Q.反対咬合って自然に治るのでしょうか?
A.永久歯が生えるときに、自然に治ることがあります。ただし、かなり少数例です。反対になっている下の前歯が5~6本。逆の噛み合わせが深い。近親に反対咬合の人がいる。これらの場合、自然に治る可能性は極めて低いと考えてよいでしょう。
Q.他の医院で、永久歯がはえるまで、様子を見ましょう。と言われましたが心配です。
A.反対咬合は、自然に治る場合もあります。しかし、それはかなり少数です。ご相談できる歯医者に診てもらい、セカンドオピニオン(意見)を求めることをお勧め致します。私達は大半の方に、早期初期治療が必要と考えます。
Q.反対咬合、治した方がよいの?
A.不正咬合であるから、成長発育が遅れるということは基本的にありません。しかし、サ行、タ行の発音に特徴的な舌足らずのしゃべり方になる。食べ方がワニの様だ。というような特徴が現れることがあります。しゃべり方にも食べ方にも問題が現れます。しかし、私達が治療を勧める第一の理由は、審美的な理由です。反対咬合特有の顔貌に劣等感を感じることがあります。心の負担を軽くし、生活の質の向上が目標です。
Q.早く治した方がよいの?
A.噛み合わせを逆のままにしておくと、下顎骨が過成長しやすい状態が続きます。下顎骨が取り返しのつかない程、大きくなってしまう前に、逆の噛み合わせは治しておくべきです。早ければ早いほど、ご本人の負担は軽くて済むと思います。年齢が高くなると治療法の選択肢が狭くなります。過成長し、大きくなってしまった「下顎骨を切断して縮める」という手術法も選択肢にあがってきます。
Q.どうして反対咬合になるの?
A.口には、多くの筋肉が整然と並び、機能しています。舌は、代表的な筋肉の固まりです。きれいな歯並びの人の舌は、嚥下(のみこむ)するときに上顎を押さえつけるようにぴったりと収まります。しかし、反対咬合の人は、上顎にはつきません。嚥下の都度、舌は下顎を前方に押します。従って、上顎は小さく、下顎は大きくなってしまうと考えられています。すなわり、口腔周囲の筋肉が正しく機能しないと不正咬合になるということです。
Q.どうやって治すの?
A.筋機能のアンバランスが、不正咬合をつくります。バランスを整え、調和を取り戻せば、不正咬合は回復します。反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。ですから、治療目標が、まず、舌を挙上してあげることです。そのように、バランスを取り戻す器具が、機能的顎矯正装置「ムーシールド」です。就寝中使用します。取り外しできる器具ですから、上手く使えなかったり、諸条件によっては、期待する効果が得られないこともあります。主治医に充分相談の上、ムーシールドを使うことをお勧め致します。
Q.一度治したらもう大丈夫?
A.ムーシールド治療法は、大抵の場合、およそ1年間を目標に治療します。一度治したら、「もう大丈夫」という人が大半です。しかし、成長がスパートすること再治療を必要とする場合があります。定期健診は重要です。女子は15~16才。男子は17~18才まで成長します。その頃まで、定期健診が必要となります。

引用元:「反対咬合」と診断されたら!!3歳児からの受け口治療
監修/柳澤宗光(調布矯正歯科クリニック)
制作・企画/乳歯列期・反対咬合を考える会