お子さんの歯並びについて

お子さんの歯並びについて(小児矯正歯科)

小児矯正治療をご希望された場合、定期的な口腔内検診をさせていただき永久歯がむし歯にならないよう予防処置を行っていきます。治療をすすめていく上で歯のならびのみではなく口腔環境を定期的に診させていただく事によりお子さんにとっての適切な治療開始時期や治療法などを担当歯科医師よりご説明させていたくことが可能となります。個々のお子さんが最少の治療介入と費用で最大の効果をあげるにはいつ・どのような治療を受ければよいかをお話しすることができます。
実際に開始されるかどうかは説明の後、ご選択していただければよいと当歯科クリニックでは考えております。

当歯科クリニックの小児矯正治療は早期治療→ステージⅠ小児矯正治療→ステージⅡ矯正治療に分け対応させていただいております。
定期的なフッ素塗布やシーラント処置などによりむし歯や歯周病の予防はできたとしても、遺伝的要因や環境要因などの影響が強くでてくる歯と顎の大きさの不調和による歯のならびに関しては一度悪い方向へ進んでしまうと手助けなしには改善方向へ向かわせることは大変困難になってしまいます。
早ければ治りますが、顔や顎の成長が終了してからでは難しいケースになってしまう場合もあるからです。
最小限の処置により咬合誘導が許容範囲内でできればお子さんはもちろん親御さんにとってもメリットは大きいと当歯科クリニックでは考えております。

歯ならびが悪くなってしまう4つの原因

  1. 歯と歯列の位置の不調和
  2. 歯の大きさとあごの大きさの不調和
  3. 上下のあごの大きさの不調和
  4. 歯と歯の機能の不調和

があげられます。

歯ならびが悪いとどうして困るのか

1.むし歯や歯周病になりやすい

  • 歯並びが悪いと歯ブラシが歯のすみずみまで磨きにくい。
  • 人は唾液を分泌させることで歯を清潔にしますがデコボコあると唾液にあたらない部分が出るためむし歯になりやすくなる。

2.発音がうまくできない

  • 歯並びが悪いことで発音が不明瞭になることも少なくありません。
  • 受け口の場合、サ行やタ行が発音しにくくなるといわれています。

3.コンプレックスのもとになる

  • 歯ならびが悪いために「大きな口を開けて笑うのをためらってしまう」「口に手を当てて笑うくせがある」と答える方もいます。

可撤式装置や機能的矯正装置を使用した早期治療のみで歯のならびを許容範囲に改善する事ができステージⅠおよびステージⅡ小児矯正治療が不要になるお子さんもいらっしゃいます。
ただ、歯の大きさや顎の大きさの遺伝的要因が大きく関与している場合には早期治療のみでは改善させることが難しいケースもあります。その場合、ご説明の後ステージⅠおよびステージⅡをご希望によりご選択していただければよいと考えております。
条件がよければステージⅡ矯正治療が必要でなくなることもあります。
早期治療により改善方向にすすめることができるのであれば、総合歯科の立場より、開始させるメリットは大きいと考えます。
また、将来お子さんがステージⅡなどの本格矯正を望まれた場合においても、やはり早期に治療を開始させることにより、歯を移動させるためのスペースを確保するために永久歯を抜歯せずにすんだり、また永久歯の抜歯の本数をできるだけ少なくする可能性を上げることができるのであれば、お子さんにとってのメリットは大きいと当歯科クリニックでは考えております。

*お子さんの歯のならびや気になることがありましたらお気軽に担当歯科医師にご相談ください。

*小児矯正治療のご相談の対象年齢は基本的に、当歯科クリニックにおいて中学生の時点までに矯正のご相談や早期治療およびステージⅠ・Ⅱの処置をされている高校生までの方とさせていただいております。