月別アーカイブ: 2018年9月

授乳とむし歯

1歳を過ぎて上の前歯が生え揃い最初の奥歯が生えたあとも、就寝時の授乳を続けているとお子さんが  むし歯になってしまうリスクが高くなってしまいますので気をつけましょう。

母乳が上の前歯のまわりに溜まったままになりやすく、また、就寝時には唾液の分泌量もへってしまうため、なおさらむし歯になってしまうリスクが高くなってしまいます。

1歳6か月までのう蝕の発病に対して強く関連する要因は「就寝時授乳」「母乳とその継続」          「甘味食品の早期摂取開始」であったという研究結果もあります。

東京都内の保健所で行った調査結果でも、母乳を継続している1歳6か月児のう蝕罹患率は有意に高く、母乳はほとんどのお子さんが就寝時に飲んでいたとのことです。                                                    

 

フッ素塗布についてネットでみたのですが・・・・。

親御さんのなかにはお子さんのことを考え、このようなご質問をされるかたも、もちろんいらっしゃいます。親御さんのご意見を尊重し、歯科医院にはフッ素の入っていない専用クリーニングペーストがありますのでフッ素塗布をご希望されない場合には、そのペーストでお子さんの歯をクリーニングさせていただき検診させていただいております。

ところで逆の立場から考えたとき、歯科医師の中に フッ素のリスクや批判を警戒し排除すべき というご意見のかたは・・・・・・・探すほうが大変かもしれません

フッ素はもともと食品(魚の皮や骨、茶、海草などに多い)や飲料水中にも含まれている微量元素なのです。

日本においては以前はフッ化物の全身応用や集団応用に関して賛否両論が出ていたことから、個人レベルでの局所応用にとどまっていましたが、1999年以降、日本歯科医学会や厚生労働省、日本学校歯科医会などのより声明が出され、適正なフッ化物利用によるむし歯予防の有効性が示されたことから、応用の範囲が広がってきています。

フッ化物によるむし歯予防はすでに1945年から世界保健機構(WHO)を通じて推奨されてきており、これまでも数多くの疫学データによりその有効性が示されております。

 フッ化物の歯面塗布・・・定期的な口腔管理を行いながら、歯の萌出状態やう蝕感受性の高さなどに合わせて歯面塗布を行うことが望まれており、乳歯では 1歳頃 1歳6か月頃より適正な間隔(3~6か月に1回)で塗布することが望まれます。永久歯では第2大臼歯萌出まで適正な間隔(3~6か月に1回)で塗布することが望まれております。

以上が歯科的な立場からのご説明となります。

***一番大事なのは、やはり毎日のブラッシングです。***

ホワイトニングとは?

ご自宅でお好きなお時間に 自分のペースでおこなう ホームホワイトニング 。

歯科医院で行い、ホームホワイトニングより短期間に効果が期待できるオフィスホワイトニング

*ホームページを参考にしていただき ご興味のある方は担当歯科医師にご相談ください。