親知らずがでてくると、こどもの歯の並びに影響があるのでは?とご心配される親御さんもいらっしゃいます。

歯の並びの治療をされた方もされていない方であっても当歯科の考え方は同じです。

痛みがでてきてしまったり、機能している歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合(磨きにくいために親知らずが虫歯になっており前の歯に影響を与える可能があるなど)おすすめする場合もあります。

はたして歯のならびの治療をしていないきれいな歯の並びの方は将来歯の並びに影響を与えるかもしれないからと全部の親知らずを存在が確認できる高校生ぐらいのときに抜歯をする必要があるのでしょうか?

全く顎の中に納まっていて他の歯や歯列に影響を与えない親知らずも存在します最近では親知らずがもともと存在しなかったり永久歯の本数がもともと少ないお子さんも実は増えておりますし状況によっては第2大臼歯をなんらかの原因で抜歯した場合に後から自然にその場所に親知らずがでてきてくれる場合もありますし、歯の移植(自家移植)を行えたことにより他の歯を削らずにすんだりということもあります。

*歯の並びの処置を行ったあと親知らずが歯列に影響を与える可能性が高いと歯科医師が判断され  た場合や歯の並びの処置をされていなくても痛みや機能している歯に悪影響を与えてします場合にはやはり歯科医師にご相談されたほうがよいと考えます。*

全員が全員親知らずをとらなければいけないというわけではありませんのでご安心ください。