授乳とむし歯

1歳を過ぎて上の前歯が生え揃い最初の奥歯が生えたあとも、就寝時の授乳を続けているとお子さんが  むし歯になってしまうリスクが高くなってしまいますので気をつけましょう。

母乳が上の前歯のまわりに溜まったままになりやすく、また、就寝時には唾液の分泌量もへってしまうため、なおさらむし歯になってしまうリスクが高くなってしまいます。

1歳6か月までのう蝕の発病に対して強く関連する要因は「就寝時授乳」「母乳とその継続」          「甘味食品の早期摂取開始」であったという研究結果もあります。

東京都内の保健所で行った調査結果でも、母乳を継続している1歳6か月児のう蝕罹患率は有意に高く、母乳はほとんどのお子さんが就寝時に飲んでいたとのことです。